スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニコ厨

レッドストーンに使おうと思って買ってあったウェブマネーが1万円放置されていた。
復帰しようにも装備貸し出し中でめんどくさかったのでニコニコのプレミア会員登録をした。

エコノミー回避、時報回避と便利であるため暇があればニコニコしている。

・・・・・あれ?レッドストーンやってたときと変わんねぇ・・・・俺乙。
スポンサーサイト

スポーツ漫画と時間の流れ

今回のネタはスポーツ漫画の中での時間経過について。
スポーツ漫画のほとんどは時間経過が非常に遅い。理由は単純である。舞台が中学や高校といった時期限定のものだからだ。劇中で3年も4年も経過させてしまうと主人公が卒業してしまう。中には高校編、大学編、プロ編など時間が経過していくものもあるが、基本的には高校生の話だけのものが多い。

今連載しているもので自分が読んでいるものは、「エリアの騎士」「ダイヤのA」「はじめの一歩」の3つ。前者二つは高校スポーツものなので最長で3年間、最短で1年ないし半年の中でストーリーが完結しないといけない。スポットがあくまで主役だけならば3年間の話を作れるが、2年生、3年生の先輩にもスポットが当てられることが多いため基本的に1シーズンでの話になるだろう。

エリアの騎士はサッカー漫画なのでメインは冬の選手権。したがって夏のインターハイは簡単にスルーしても構わない。現に夏は県大会で負けて、今は既に冬の予選になっている。コミックスで言うと15冊くらいでここまで来ているのだからいいペースだと思う。このテンポは評価できる。

しかしダイヤのAは夏の甲子園がメインのため、時間の流れが非常に遅い。未だに夏の予選を戦っている最中である。主人公がまだまだ発展途上の漫画なのにこのペースはいかがなものだろう・・・。
まぁ面白いからいいんですがw
と、まぁケチをつけてますが以上の二つはかわいいもんです。問題作品はこれから・・・・。

はじめの一歩、連載20年くらいの大御所漫画ですが、最近は微妙になってると思う。なんせ一歩が日本チャンピオンになったのは30巻くらい、もう10数年も前のことである。現在90巻に手が届こうとしているにもかかわらず未だに日本チャンピオンなのである。これには多少のいらだちを感じざるを得ない。劇中での時間経過は5~6年ってとこだろうか?まぁそこはいい。問題は現実の時間の流れの方である。10年かけても主人公が次のステップに行かない。ほんと最近一歩の試合の連載が面白くない。宮田、板垣、鷹村の試合は非常に読んでて面白いと感じるのに主役の試合がつまらないのはもったいないと思う。それでも買い続ける自分にバンザイ。せめて世界挑戦とは言わないものの、世界ランカーと試合してくれよと・・・。一歩が前に進まないと板垣も進めないし結構これジリ貧なんじゃないの?と老婆心ながら思うわけで・・・・。まぁなんだかんだ全体で見ればまだまだ面白い作品です。

さて一番の問題児の紹介
「Dear boys」という漫画をご存じだろうか?月刊マガジンで10年以上連載している漫画である。
この漫画を最初に読んだのはもう12年くらい前になると思う・・・。連載期間はもっと長い。
最初は主人公たちが高校2年の秋ごろから始まり、メインとなる話は冬の選手権と3年夏のインターハイになると思われていた。うん。その予想は合ってたんだけど、まだ連載してるんだ・・・。今インターハイの準決勝?くらいだろうか。さすがの自分もこの漫画は読み続けるのに疲れて今はほとんど読んでない。読まなくなって5年くらいたつが、その時は「後3年くらい待てば完結してるだろう、その時に一気に読もう」だったのだが、今だに終わる気配がない。このペースだとあと10年くらいかかるんじゃねーか?と思うくらいである。願わくば自分が30になる前には連載終了して欲しいものである・・・。

結論 
名作漫画で長期連載ものは大概のものが中だるみしている。人気のある漫画は出版社の方が連載を続けさせようと作家に強いるらしい。そのせいで円満に完結した漫画のいかに少ないことか・・・。
スラムダンクなんかは綺麗に終わった方だと思う。続編希望が未だに根強い作品だが、個人的にはあれ以上の試合はないと思ってるので最高の終わり方だったと思う。テニスのなんとかも10巻くらいまでは面白いと思った。段々おかしな路線に入ってきたなぁと思いながらも読み続け、30巻あたりで認識が変わったとたんあれはあれでアリだと思うようになった。そう、あれはスポーツ漫画じゃない。格闘ものなんだ。と。そういう目線で見ればセイントセイヤ以来の名作として評価されてもおかしくないと思う。

話が脱線してしまったが、今はただ、自分の好きな漫画が無事に完結してくれることを祈るのみである。

ベルサガプレイ日記その5

13~15章
依頼もなく任務だけの3マップ。山場も越え難易度的には大したこともない。

13章任務
13ターン目の増援が砦制圧できないことさえ知っていれば楽勝。
事故もなくノーリセで攻略成功。

14章任務
街道守備隊無視でいいなら簡単なマップ。ただクレイマーが育っていないと厳しいかもしれない。
崖登りかつ弓回避のクレイマーでいかにドーラを素早く処理できるかがポイント。疾走ファラミアでも代用可能だが・・・。
街道守備隊はホーリーの回数さえ残っていれば蹂躙できる。ってかなんでランス使ってこないんだろうwランス使われたらホーリーで止まらないからかなりやばかったのにw
まぁその場合は射撃待機3枚用意して止めればおkだが・・・。
1回ミスってドーラの射程に入ってリセット1回。あとは楽勝だった。

15章任務
最終章とは思えないほど簡単なマップ。ランスナイトが通路に詰まってるんだもんw
キャラ一人で塞げるとかないわw特殊支援で致命100%のリース様もいることだし全マップ中屈指の簡単さ。ノーリセットで攻略成功。

なんかラストとは思えないほどあっさりしてたので最後に主観によるキャラ評価でも。

リース・・・家具集めによって各ステうp隠しスキル獲得、極めつけは鬼畜性能の専用装備とまったく隙がない。運よくステが大きく伸びたのもあり後半は獅子奮迅の活躍。まぁそれでも無双とまではいかないのがこのゲームのいいところだと思ってる。「なんだかよくわからないけど払っておいてくれ」等名言も残している。14章頭のイベントも含め主役っぽさがよく出てる。

ウォード・・・お決まりの初期レベル高く成長率の悪い爺さん騎士。とはいえゲームシステム上初期能力でも最終章でなんとか運用できるので問題ない。強制的に最終章に出てくるが護衛でもしてれば邪魔にならないし。キャラ的にも嫌いじゃない。

アデル・・・CCに最も苦労させられたけどその分ステが伸びてくれて苦労に報いてくれた。最大距離疾走ランスで40ダメ叩き出した時は感動すら覚えた。待ち伏せで彼女ゲット。

レオン・・・CCは楽にできたもののアデルと違いステが伸びず2軍落ち。バァさんやってくれるぜ・・・。

シロック・・・序盤の空振り大王もCC後はエース格。3連射+再攻撃での瞬間火力は最強クラス。
射撃待機できるのも◎。イベントで敵の持ってる竪琴の弦を狙い打つシーンは誰もがこう思ったはず。
「そんなことできんならミスすんなよw」

エルバート・・・CCに必要な槍技能上げに苦労させられるものの見返りはしっかりある強キャラ。
筋力の伸びがよく、エストック持たせれば装甲兵を屠ってくれる。人間的にも初期メンバーでは一番できがよい。

クリス・・・安産型。ブレンクロスボウを持てば鬼神になれる器なのだがいかんせん他の弓兵が強すぎてパッとしない。自分のプレイの中でも例外ではなかった・・・。せっかく安産型なのに・・・。

イゼルナ・・・終盤こそレギュラーから外れた物のそれまでは出ずっばりの回復役。癒しのスキルも地味によかった。でも一発殴られただけで戦闘不能になるのは勘弁してくれ・・・。

セネ・・・短剣使いなため戦闘力は微妙だが探索、開錠、索敵など便利屋として活躍。後半技能や俊敏が上がってきてからは特殊短剣持って装甲兵キラーとしても活躍してくれた。でも一発殴られただけで(ry

アイギナ・・・風魔法の使い勝手の良さと加護の神っぷりから大活躍。ステ自体は平凡なんだけどね・・・。でも一発殴られただけで(ry

マーセル・・・隠しスキル低速持ちのせいで使いにくい。強制出撃マップでも1歩しか歩けず味方の救助待ちといった体たらく。専用武器が他の人に取られるのは宿命ってことで納得してください。

ダウド・・・気合×6+粉砕は最高火力だがいかんせん斧技能の上がりにくさと電撃作戦の多いマップのせいで使いどころがない。あるイベントを起こさないとウホッ属性にしか見えない。

エニード・・・CC後の専用魔法パラスレイアが強すぎて当の本人に印象が残らない。あっ!魔法の方が本体なんですね。でも実はロリコンDに振りまく支援が強烈だったりする。

バロウズ・・・難易度を大幅に変える可能性のある味方唯一のバリスタ兵。彼を使いこなせるかどうかで大きな違いが出ると思う。初回は彼を使って終盤戦を乗り切れたようなもんです。でも今回はあえて封印。気合+狙撃のバリスタは正直チートだろうw

アルヴィナ・・・登場時期の遅さと初期技能の低さから正直ふざけんなとw 初期装備はいいので文句は言いませんがねw これで王国24聖騎士唯一の女性って言うんだから・・・・。フォラージュ(笑)
あの技能値で精度5の槍をどう使えとw

パラミティース・・・追撃持ち、騎馬、回復魔法が使えるという終盤の救済キャラ。完璧超人です。
でも顔見せは3章なんだからもうちょい早く使えるようになれよと・・・。

リネット・・・戦闘力もかなりものだが持っているスキルが極悪。周囲の味方の防御+5、リースの致命100%等まさにチート。使えるのが最終マップだけなのでゲームバランスはなんとか崩れずに済んでいるというレベル。ただ、このせいで最終マップが簡単になりすぎたのが玉に瑕。ユーザーからはキモウトと呼ばれ評判が悪い。自分はそうは思わないんだけどなぁw

ディアン・・・斧ナバール。成長補正が強く、どう転んでも育ってくれる。連続、見切り、捨て身、怒りなどなど、斧の威力も相まってまさに鬼。9章依頼の柵は彼の獲物。合成で作った斧は彼に全部使ってもらった。

アグザル・・・見た目に反して筋力と俊敏がガンガン伸びるおじさん。斧の成長がもうチョイ良ければ使いやすいんだけど・・・。とはいえ水上を歩ける唯一のキャラなので用途は多かった。しぃるっ!!!

ウォロー・・・うまかったです。カオス倒したので必要好感度が5まで下がったせいもありほとんど使ってない。連続、死闘持ちなので使えば強いと思うんだけどね。

シルウィス・・・賞金首のほとんどを戦闘不能にしてきた。まさに捕縛神。後半はめっきり影が薄く・・・。でも序盤の金策はほとんど彼女のおかげでうまくいったようなもん。間違いなく前半MVP。

ルヴィ・・・ステの伸びがもうちょい良ければねぇ・・・。スキルはいいもの持ってるので運次第。技能の伸びはいいのでCCもしやすいし文句はない。だがそのせいで入団&CC条件を満たすのが早いので即2軍落ちという(´;ω;`)ウッ…

アーサー・・・成長補正が強くどう転んでも活躍できる。特に防御に優れM盾持ったら完璧な壁になれる。当て身で捕縛神シルウィスと名コンビを組んだりもした。終盤は筋力も伸び捨て身を利用して確実に敵をしとめるというエースに育ってくれた。

クレイマー・・・疾風(笑)先生。名前に反して俊敏が伸びず筋力が伸びる。でも彼の特徴は崖歩き&弓回避。終盤では神になれる男。なんせこのゲーム遠距離弓の性能がおかしいもんだから、こいつがいないと詰みかねない。

フェイ・・・イベント的にかなり優遇されてるのだが筋力の成長次第でへたれるので結構使いにくいキャラ。まぁイベントさえしっかりこなせば筋力成長しなくても最後の専用武器+神舞剣で瞬間火力はそれなりに出る。俊敏が上がるから避けキャラかと思えば20%でも平気で連続で被弾するこのゲームでは安心できる運用法はない。正直使いにくい・・・・。フェイの性能が最もこのゲームとFEシリーズとの違いを表してるんじゃないかなぁ。

デリック・・・みんな大好きD。装甲兵というオンリーワンの職なのだが防御の成長率が0という神。その正体はなんと・・・・。

クリフォード・・・ウォードより一回り強い。ルヴィの親父。FEの伝統としては年とってるキャラは成長が悪い。こいつも例外ではないのだが、ウォードですら最後まで使えるキャラと書いたとおり、それよりも一回り強いのだから実はかなりの強キャラ。育たなかったキャラが多ければこいつを出しておけばおkってくらいは十分に活躍してくれる。まぁ今回は出番0でしたがw

ファラミア・・・疾走が神。1回の移動で崖を登りきるのは頼もしすぎる。色んな局面で活躍してくれました。こいつもお助けキャラ。

イストバル・・・レベルが上がると次々と神スキルを覚えていく大器晩成キャラ・・・・と思いきや。初期レベルの低さにしては初期の技能値が鬼。専用弓も相まって最強キャラの一角。ラスト近辺の難易度が落ちるのはこいつの存在も一役買ってます。でもまぁ弓技能49までは暴発で死ぬことも多々w

シェルパ・・・実は今まで1回も使ったことがない。専用装備が神性能かつ初期能力も高いので強キャラであることは間違いないんだけど、どうも出撃させる機会がない・・・。まぁお助けキャラだしそんなもんかね。今回も出番なし。

オルウェン・・・20ターンしか戦えないという不便な人。と思いきや、24ターン以内での離脱っていう任務が多いことからデメリットは少ない。離脱スキルを持ってるので逆に20ターンギリギリまでなら位置を気にせず運用できるので使いやすい。18ターンで沸くボスを離脱が間に合わないキャラで撃破→オルウェン使って離脱させる→翌ターンの一手目でオルウェン離脱。このコンボが見事にはまってくれた。影の功労者。

サフィア・・・章をまたぐと勝手に使用回数が全快しているハーフヒールごちそうさまでした。
CCしてからはチートスキルを使うようになるけど別に使わなくてもどうということもなかったりする。
技能の伸びが半端ないので真面目に使ってるとすぐカンストしてもったいない。その成長をもうちょっと他のやつに分けてくれよと・・・。

ラレンティア・・・唯一の飛兵。間接攻撃じゃないと殴られない事や、移動コスト0、敵を飛び越えられる等、戦局を大きく左右するキャラ。でもいると楽になるよっていうだけでいないと詰むほどでもない。
今回は他のキャラをたくさん使わないといけなかったのでほとんど使いませんでした。だって雇用費ももったいないし(´・ω・`) 入団条件もリースCCなので1回も雇用しないでいいし・・・・

セディ・・・便利屋その2。盗むスキルが神。全力回避はイマイチ信用できないのでほとんど使用せず。レベル上げすぎると致命率が上がるので逆に計算が立たなくなるため初期レベルで運用するのが一番という変わったキャラ。スタンナイフで武装解除し盗むというコンボは鬼畜そのもの。お世話になりました。

ペルスヴェル・・・ワカメ。手加減ライトニングで捕縛の神になれるはずだったんだけど、なんか相性悪いのかイマイチな活躍だった。もっと頑張れよワカメ。弓回避持ちなのにやけに当たった印象も強くどうにも悪いイメージしかない。


・・・・あー長いwこれで35人全部書いたと思う。ほぼ全員使わないといけないのが苦痛でした。
もう2度とオール35プレイはやらねぇw次やるとしたら縛りプレイかなぁ。

でも35人いて完全に死にキャラになってるのが数人というバランスは神がかってるとおもう。
どのキャラにも何かしら用途があるっていうのは素晴らしい。

ま、こんだけ誉めちぎってますが自分は相性が良かっただけでおそらく大半の人にとってはクソゲーなので興味を持った人は気をつけてくださいw

ではではこの辺で~(・∀・)


ベルサガプレイ日記その4

10章~12章

今回最大の難関かと思われる10章をはじめ、難易度の高いマップそろい踏み。
かなーり時間かかりました。

ただ10章任務終了後に特殊以来が一斉に発生したため能力の底上げやほとんどのキャラの幸福条件が満たされたため11章以降は精鋭メンバーで臨むことができ、結構楽できました。
オール35プレイの難しいところはあまり強くないキャラまでまんべんなく使わなくてはいけないところなので、条件さえ満たしたあとは強キャラを投入できるため難易度が落ちます。

10章任務(NPC全員生存で勲功3)
最難関。NPCが城門に達すると敵の魔法攻撃&バリスタが容赦なくNPCを襲うため進軍を急がなければいけない。通常11~12ターンでNPCが城門に達するためそれまでにこっちも城門に到達して援護しなければいけません。が、初期配置のすぐ近くにいる名前付き敵キャラ4名+ランスナイト2名が非常に強力、城門までに張っている射撃待機&潜む持ちの敵と、こちらの妨害も尋常じゃありません。じっくり進軍すればなんとでもなる相手なのですが・・・・・。弓回避持ちと騎兵を有効利用しないとまず無理。弓回避&騎兵&挑発持ちのエルバートやM盾で固めたアーサー等を利用しないと困難です。しかし弓回避といえど、ガトリングを完全に回避することは少ないため間に合わせようと思ったら多少の運が必要になる。ってか弓回避持ってるのにバリスタに当たりすぎなんだよ・・・・。
今回最もリセットさせられたマップでした。

10章依頼 見果てぬ夢
ドラゴンがいっぱい。ホーリーで嵌め殺しました。
ドラゴン以外はザコなので特筆するところはなし。ラーゼタールはアーサーへ。

10章依頼 スコーピオン
NPCのバリスタが削ったところを仕留めるだけのマップ。イストバルのイベントがあり、最強武器のパスカニオン入手。このマップでついでに20まで上げ追撃を覚える。

特殊依頼 ラーズの祭壇
捕縛したい敵が1名。特殊依頼の共通点としては敵の総数が少ないので全体的に楽勝なのです。

特殊依頼 奪われた宝剣
アルバトロス持ちの東方剣士からセディで盗むだけ。盗賊に追いつけるラレンティアの命中が悪く結構苦労した。

特殊依頼 騎士の誇り
クリアするだけなら簡単。帝国補給部隊から物資を強奪するとなると難易度が跳ね上がる。魔法系を連れて行く枠が余っていなくて装甲兵に苦戦した。結局防御無視の短剣で削りきったという・・・・。

11章任務(24ターン目離脱完了で勲功3)
またしても24ターン離脱マップ。うっかりDナイトの攻撃範囲に入ったりとアクシデントがあったもののそれ以外はミスなく突破。19ターン目に登場する名前付き強敵軍団は潜むでやり過ごせる。

11章依頼 流刑の島
クレイマー大活躍。ここからずっとクレイマーのターン。崖歩きと弓回避という神スキルの組み合わせで他を寄せ付けません。が、命中率の方がイマイチでイライラさせられた。このマップに最後の賞金首がおり、これで賞金首コンプ。ロードグラムとペルシーダの修理をしてもらう。(M盾ばっか使ってペルシーダ使ってないからロードグラムの修理2回とかにしてほしかった・・・)

12章任務(NPC全員生存で勲功2、これで勲功35に)
急がないとNPC救出が間に合わない。中州にいるバリスタ軍団がうざいのでラレンティアでいかに処理するかがキーポイント。後半はアルマキスのバーサクへの対処さえミスらなければ楽勝。今回はオルウェンとイゼルナの二人がかりで治療に回ったため問題なかった。脳筋公子は話しかければPCになるので問題なし。これがNPCのままだったらかなり難しかったかもw

12章依頼 異教の神
マップ最北西にいるブラックメティオ持ちをさっさと処理できれば楽勝。放っておくと被害が増えるので最優先。あとはラスプーチェのバーサク範囲にだけ気をつければおk。計算違ってパラミティースがバーサクにかかりサフィアを殺した時はお茶吹いた。ヘックスってマス目の計算ミスりやすい・・・・。
5歩かかると思ったら実は4歩だったりっていうのが多い。

最初にも書いたけど35狙いの難しいところは成長の悪いキャラ、技能も育てないといけないところなのでその作業が完了してからは簡単になってくる。後半にいけばお金にも余裕ができるため強い武器も投入できるし、マップ難易度は高くても相対的には易しくなってる。なんせ育てるとか考えず使いやすいキャラだけ投入できますからね。後半になればなるほど敵の弓攻撃がおそろしくなるので弓回避持ちが必須。クレイマー、エルバート、ペルスヴェルの3人と防御の高いアーサーあたりを上手く使えるかがカギになると思う。

残すところは13章~15章。依頼もないので3マップ。頑張りますよ~。

ベルサガプレイ日記その3

7章~9章までクリア。1日3つペースで順調に進んでおります。
中盤戦に入ったのでイベント等結構進んできました。クラスチェンジ達成した者も数名。
でもやっぱり初期からいるはずのアデオンコンビはまだできません。特にアデルの方の槍30とか厳しすぎる。いけんのかこれ?w
金策の方は賞金首を9割方捕縛してるので余裕が出てきました。10章あたりで家具コンプできそうです。

7章任務(NPC全員生存で勲功3)
またもや24ターン離脱マップ。ついでに索敵マップなので視界が悪くいきなり襲われる等一見難しそうですが、実際やってみると屈指の簡単マップでした。3章でカオスを撃破してレティシアイベントを起こしているのでここでウォローの入団確定。うまかったです。シルウィスの好感度もそろそろ規定に達するので今度はレベル上げ開始。なんとか7章中に特殊依頼を起こすことにする。
ちなみに最短だとここでリース様クラスチェンジ。勲功全ゲットならばおkなので当然達成。
M盾装備可能になったので今後壁になってもらいます。当然馬から降りて・・・。

7章依頼 宝珠
ドラゴン登場。でも精神集中パラスリアナで撃墜。賞金首も崖に誘いだして回避0にして捕縛。
エニードが精神5になりクラスチェンジ条件達成。これでDもくる、これで勝つる。

7章依頼 訪問者
ここも索敵マップ。敵の数が多いのでアデルの槍レベル上げに専念。が一緒にいたレオンが横に立ってるだけなのに反撃で槍レベルうpし条件達成(´・ω・`)
アデルでチクチクしディアンでとどめを刺しディアンの条件も稼いでおく。

特殊依頼 海の勇者
やっと発生。これで雇用費が浮く。ラレンティアで敵の離脱ポイントを防いでゆっくり敵撃破。早めに発生させたため敵のレベルが高く、レベル上げにもってこいのマップ。ここでパプテマスシロッコがクラスチェンジ。ジ・Oをもらう→みんなの力を俺にくれ→一人では死なない、貴様の心も連れて行く→うわぁ綺麗だな、花火かなぁ?

8章任務 (ボス撃破かつNPC全員生存で勲功3)
ここも24ターン離脱。相変わらずボスは制限ギリで沸きます。が、一撃が重いエニードの炎魔法があるので楽勝。あとは味方バリスタうぜぇ。そんだけ。エルバートクラスチェンジ。ここでは敵の命中18%が3回連続で当たり、その合間には味方の98%が外れコントローラを投げた。

8章依頼 老兵
安産型。ブリザード→手加減ライトニングで捕虜乱獲。

8章依頼 武器屋の事情
マーなんとかを育てていないためめっちゃしんどかった。だってマーなんとかは育てなくても幸福条件満たすんだもん。2体目のドラゴン登場。味方の足場が悪いため割と運ゲー。

9章任務 (NPC全員生存で勲功3)
恐怖のランス部隊登場。最大距離疾走後の攻撃を一度だけもらいM盾装備のリースが死にかけた。前章でドラゴンシールドを手に入れていなかったら間違いなく死んでいただろう。射撃待機要員にシルウィスでなくシロッコを連れて行ったのが間違いだった。あとNPCの生存も結構な運ゲー。でもこれでも最難関マップじゃないのがこのゲームのマゾイところ。ほんとうのきょうふはこれからだ。

9章依頼 兵站基地
みんな大好きゴーゼワロス隊長のマップ。当然捕縛しました。捕虜交換?しませんよ。飼育するんです。防護柵でもディアンの殺害人数にカウントされるのでここで30以上稼いだ。んで入団。プージゲット。ついでにクラスチェンジも達成。

9章依頼 ポルポス谷の悪魔
レオンが先にCCしてしまったのでアデルソロデビュー。連携ないと当たらん(´・ω:;.:...
ここでは崖歩きの疾風(笑)クレイマーが大活躍。あとアイギナの加護で運ゲーに持ち込んだプレイヤースキルに乾杯。

シナリオも佳境に入ってきて熱くなってまいりました。細かい話とBGMが神がかっているので退屈させません。ええ、表示時間の5倍くらい費やしててもイライラしてませんよ?
次回は最大の山場10章・・・・。明日は進行遅いだろうなぁ・・・・。

今回の名言「なんだかわからないけどとりあえず払っておいてくれ」

ベルサガプレイ日記その2

今日は4章~6章まで終了。

ここら辺から難易度がさらに上昇。つってもクリアするだけならまだ簡単なレベル。
まだまだ素振りできるので安くてショボイ武器でガンガン素振りしていきます。高級家具も少しずつそろえ始める。3章で真っ先に宝箱を購入し、章頭に資金ゲット。当然財宝(20%)が出るまでロードロードロード。←実はここのロード回数がマップ攻略より多いという・・・・・。各章の頭に補充されるので同じ作業が13章まで続きます・・・・。

4章任務(同盟12人全員離脱成功で勲功3)
24ターン(ゲームの中の世界では12時間という設定らしい)以内に離脱しなければ敵につかまるという画期的?なマップ、まぁこの24ターン以内に離脱っていう条件は今後も頻繁に出てきますが・・・。
同盟離脱はそこまで難しくない。問お題は合成素材やコレクターアイテム、賞金首といった要素の方。
賞金首は出現から2~3ターンで離脱してしまうので結構シビア。でもそれ以上にコレクターアイテム持ちの敵が離脱ターンギリギリに沸くこと。マップ途中に仲間になるドラゴンナイトのラレンティア以外は間に合わないんですが、このラレンティアことラレ子の命中が悪い。攻撃チャンスは3回ほどあるんですが、そのうち2発当てれば撃破可能。命中率は70%前後。理論値通りなら普通にこなせますが、まぁよく外しますw 間に20ターン目のセーブが入るのでとりあえず1発当てておけば20ターン目はリセットロードでおk。駄菓子菓子1発当てた状態で20ターン目に入ることがまず困難。つーか攻撃外した後の反撃で死にかけたりするし・・・・。結局15ターン目のセーブデータからのリトライが多かった。その他のキャラの技能稼ぎ等は結構上手くいったのでおk。

4章依頼 下町の英雄
この時点では真正面からぶつかると返り討ちにあうレベルの敵が数人いるマップ。
クリア条件には関係ない。が、コレクターの帝国騎士丸盾を一番入手しやすいのがそいつらのボス格の捕縛。これはドロップしないためどっかで無理して捕縛しなければいけない。
他の候補マップはターン制限があったりするのでここで頑張らないといけないみたい。
苦労したのはそこだけでした。

4章依頼 カラーコード
コレクターアイテム所持敵2体いるので5ターン目と10ターン目のセーブに合わせて捕縛。そんだけ。

5章任務(10ターン以内にボス撃破で勲功3)
防衛戦なので敵がめっちゃ多い。同時ターン制の性質上序盤が山場。だいたいこっち一人動く間に相手が3人動くので動かし方に気を使わないといけない。ここら辺からこの同時ターン制の面白さが光りだす。総人数の割合で行動順が決まるのでこっち10人相手30人だとこっちが先に一人動かし、相手が3人動く。10:20だと1:2で動く。その繰り返しって感じのシステムなので相手が減れば行動順番が徐々に有利になってきます。

ボスが虚弱持ちなので10ターン目に戦闘不能に追い込み捕縛してついでにコレクターアイテムゲットでおk。
リース様に最強武器の一つであるロードグラムが届いたのでここから無双。名画「復活」で消耗を抑えつつ浪費。途中何度か壊れてリセットしたシーンがありました。あと依頼で敵兵にまぎれてる奴の説得があるんですが、いきなり攻撃してきて反撃で撃破というシーンもちらほら。

5章依頼 ルミエール
全編通して1,2を争う低難易度。神器ボルトナイフ持ちがいるので捕縛。賞金首もいるので捕縛。
HP調整がちょっと難しかった。

5章依頼 山狩り
脱走した捕虜を捕獲していくマップ。賞金首もいるのでさらに捕縛。めんどくさいだけで簡単なマップ。
でも賞金首が弓回避持ちで捕縛に苦労した。

6章任務(ボス撃破かつ市民全員離脱で勲功3)
このゲームが大好きな24ターン以内での離脱マップその2
初期配置の敵0で毎ターン沸いてくるっていうマップ。敵がどんどん迫ってきてるっていう感じが出てて好印象。きっちり倒していけば相手の人数が最大で4~5人程度に抑えられるので難易度は低め。
ただボスがまた制限ギリギリで沸くため最後だけ激ムズ。2ターンで倒さないと離脱が間に合わないという。でも盾持ちかつ硬いので厳しい。10回くらいリセットしてやっと撃破。うち7回くらいは倒せてたんですが、離脱途中で馬が殺され移動力足らず詰んだのが6回ありました・・・・。

6章依頼 幽霊部隊
踏み込んだ領域で敵が沸くので調整していけば楽勝。以上。

6章依頼 食糧調達
逃げる相手を馬に乗って追いかけて倒すだけ。
でも攻撃1回でもミスると逃げられるっていうシビアなマップ。
賞金首の捕縛もあるのでやることはギリギリ。でも珍しく1発で成功。気持ち良かった。

明日も休みなのでどんどん進めますよ~。
ではではこの辺で~(・∀・)

ベルサガプレイ日記その1



評価値オール35狙いでプレイするためかなりハードになる予感。
評価値は勲功、名声、行動、幸福の4種あります。

勲功は2章~13章の出撃任務の結果で各章最大3ポイント得られます
具体的には○○の撃破、制限ターン内でのクリア、NPC全員生存等

名声は出撃任務前に住民からの依頼を受け、任務中に達成することで獲得。
1章ごとに3つほどあり、各1ポイントずつ。35個こなせばおk

行動は任務以外での出撃依頼が23個で各1ポイント、賞金首全撃破で3、アイテムコレクターイベント完遂で3、アイテム錬金コンプで1、装備合成コンプで2、全家具購入で3

幸福は登場味方キャラ35人、一定条件を満たせば一人あたり1ポイントつきます
おおまかに、クラスチェンジする、入団する、連鎖イベントを完結させる等

序盤やること
①アデルとレオンコンビの技能稼ぎ
②傭兵の入団条件となる好感度稼ぎ
③敵が弱いうちに捕縛を積極的に狙い金策

①について、この二人のクラスチェンジ条件を満たすには、序盤から積極的に攻撃を空ぶったり、攻撃を食らい盾を発動させたり等しないと間に合わない。アデオンコンビ育てるのはマジで苦行・・・・ダメオンめ。

②について、最初はお金を払って雇用しなけらばならない傭兵達は基本的に好感度やレベルが一定になれば騎士団入りし、以降雇用量が0になります。雇用量はレベルに応じて上がるため、レベルの低いうちに達成しておきたいところ。

③について、部下が命張って住民からの依頼をこなしお金を稼いでも、主君であるリース様は高級家具集めに夢中なため、お金がいくらあっても足りません。ドロップアイテムの換金や報酬だけじゃ足りないので敵は倒さず捕縛して、アイテムゲットや捕虜保釈金ゲットしなければなりません。

これらを踏まえて攻略していきました。

1章任務
ダメオンの素振り訓練開始。予想通りあんまり伸びない。おk時間はたっぷりある、地道に頑張ろう。
ここで解説しよう。このゲームは武器技能というものがあり、攻撃するたびに少しずつ上がるのだ。
嬉しいことに空振りしても内部経験値が貯まるらしいので敵を倒さないように空振りしまくってもいいのである。(でも狙わなくても空振りの方が多いっていう、でっていう)
ゲストユニットの斧ナバールことディアンは入団条件が60人殺害なので少し稼いでおく。
素振りしてたら進軍が遅れシスター救出が運ゲーと化す。

1章依頼①山賊退治の方
特に難しくもないのでここも素振りマップ。アデオンコンビは槍と盾両方必要なのだが、アデルは槍、レオンは盾が全然上がんない。ダメオンめ・・・・。エロさんの槍も積極的に素振りしておく。
初回やった時はこの辺から違和感を感じたんだよなぁ・・・・。これはどうもFEとは違うぞ・・・と。

1章依頼②いきなりの索敵マップ
まだ難易度は易しめ。捕縛しておくとウマいMOBがいるので捕縛狙い。欲張りすぎてリセット回数がかさんだ。

2章任務(勲功3は18ターン以内のクリア)
初賞金首登場、2章にしていきなり固有名つきザコが多数登場。しかも増援なのでいきなり沸いてビビった初回プレイを思い出す。賞金首は撃破でもいいのだが捕縛だと報酬が倍なので可能な限り捕縛する。しかしここはターン制限付きなので普通に難しかった。でもなんとか捕縛。2章ってレベルじゃねーよこれ。家具コレクターの主人公は家具で能力にボーナスがついたり成長率が上がるのでまだ育てない。

2章依頼①馬泥棒
隠しスキル虚弱つき賞金首うまかったです。ここも素振りマップ。

2章依頼②D様登場
ベルサガで1、2を争うD様が登場するマップ。とっても硬いので素振りに付きあってもらう。ここでいう素振りはFEでいうボスチクと同義。

3章任務(勲功はジジイ3人とも生存で3)
仲の悪い3人のジジイを目的地まで到達させるマップ。仲が悪いので当然ながら3人とも別ルートで歩きます。当然こっちも3つに分かれるわけですが、リース様の指揮官がないとみんなブンブン丸になるという・・・。だってこのゲーム味方の80%は外れて、敵の20%は当たるゲームなんですもん。そもそも敵の命中が20ってことはないんですが。敵も同じくらいかこっち以上の命中回避を持ってます。

ここら辺がFEとの違いでしょうか。FEは避けゲーなので回避90↑キャラを数人作り上げれば攻略できてしまいます。ベルサガは殴られたら終わりって感じで、全編通して敵味方ともに50~80%くらいの命中率で続きます。後半行ってもミスるし、避けられるようになるわけでもない。

賞金首が二人もいて、ちょっと間に合わなかったので片方は捕縛できずそのまま撃破。
この辺から難易度がおかしくなり始めていると思う。まぁ勲功狙いじゃなけりゃ2人までは見捨ててもいいんですがね。

3章依頼①アイギナの方
強制イベントなせいか難易度が低め。特になにもなかった。

3章依頼②馬の方
賞金首が離脱ポイントまで1マスってどういうことだよwww
運ゲーでした。

ここまでは1週間かけてやったんですが、今日から5連休なので一気に終わらせようと思います。

ちなみにこのゲーム5ターンごとにセーブできるんですが、オール35狙いだと、その5ターンすらしのぐのがしんどいゲームです。普通にクリアするだけなら「難しいゲーム」で済まされると思います。
後半が怖いわ~・・・・。初回プレイ時は死亡者0だけ意識してたにも関わらず発狂するくらい難しいと感じましたが・・・・。
んでは今日はこの辺で~(・∀・)

神ゲー

今回はオフゲーについて語る回です。

ここ数年で一番苦労したゲームの紹介です・・・・。


それは「ベルウィックサーガ」

ここ最近のヌルゲー路線に対するアンチテーゼとしか思えない難易度です。
初回プレイ時は半泣きになりながらやってました。

ちょっと癖のあるシステムと乱数の理不尽さに振り回され、序盤を乗り切ったころに芽生えてくるある種の快感がたまりません。

自分はゲームをやるときは1周目は攻略サイト等一切利用せず、とりあえずクリアして2周目に細かい要素を楽しむ派なんですが、1周目からとてつもなくしんどくサイトに頼ってしまいました。

1周目でサイトを見たゲームはドラクエ7に続いて2つ目でしたねぇ・・・。
ちなみにドラクエの方はというと、石板を拾い損ね、しかもどこで拾い損ねたかさっぱりわからず途方にくれての出来事でした。

一方ベルウィックサーガでは、単純に難易度に辟易して覗いてしまったという・・・完全にゲームに屈した形ですねw

どういったゲームかというとファイアーエムブレムやタクティクスオウガと同じようなSLGなんですが
システムがちょっと変わっていて癖があります。マス目が六角形だったり、素振りシステムだったり、
同時ターン制だったり・・・・。

これ系のゲームにはお約束の乱数のいたずらも完備しており、SLG好きにはたまらない作品だと思います。自分も何度泣かされたかわかりません。
一言でいうと、こっちが2重3重に張った安全策を(敵が)数%の奇跡を起こして突破してくるゲーム・・・・でしょうかw

ドMホイホイなのでドMの方は是非一度プレイしてみることをお勧めします。
個人的にはFEトラキア776より難しいと思います。

んじゃあ3年ぶりくらいにやってきます!(・∀・)ニダニダ

プロフィール

ryuunenn

Author:ryuunenn
橙鯖にて姫してたんだけどもはやランサ(ry

©2008 L&K Logic Korea Co., Ltd. All Rights Reserved.
©2008 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.

当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します。
許可無くご利用又は転用する事は出来ませんので、予めご了承下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
うふふ・・・
redfan_150_330_w.gif
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。